スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

066:浸(文乃)

蓮根を酢水に浸ける一手間を繰り返すことが生きていくこと
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

題詠blog2014より 066:浸

066:浸(文乃) (木の葉に小さな歌を書きたい) 蓮根を酢水に浸ける一手間を繰り返すことが生きていくこと 066:浸(西村湯呑) (あるあるのうた B面) おひたしと呼んでる僕とおしたしと呼ぶあなたとで分けるお浸し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。