スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「うたの日」投稿作品(2016年8月)

2016.8.1「雫」
かなしみをひろいあつめてそのふちにひかるしずくをしあわせとよぶ

2016.8.10「田舎」
列車は日に十本だけでその代わり海まで続く空が見えます

2016.8.11「自由詠」
やわらかく日が暮れはじめ木々たちは眠りに落ちる前の静けさ

2016.8.12「油」
給油口かりりと閉める これからの400kmも無事でありたい

2016.8.14「タオル」
水色のタオルケットがはためいて空へと帰りたがっています

2016.8.16「空」
さりさりと光りかがやき一日に別れを告げる西の雲たち

2016.8.21「ジャスコ」
一回も行ったことがないはずなのに歌えるジャスコのCMソング

2016.8.24「たられば」
「あのときに、こうしていれば」を組み上げてきらきら光る硝子のお城

2016.8.26「開」
人生は一冊の手帳 開かれてまた閉じてゆく日々のいとしさ

2016.8.27「トンネル」
何度でも生まれ直せる 息詰めて産道のようなトンネルをゆく

2016.8.28「蝉」
蝉たちの短い恋のシンフォニー群青の空に烈々と鳴る

2016.8.29「商店街」
ショーウィンドウ映る夕日が店内の硝子細工の色をはじいて

2016.8.30「パズル」
もう一つ、唐揚げ入りそうだけど…弁当づくりはパズルの如し
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。