スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「うたの日」投稿作品(2016年1月)

2016.1.9「弓」
それぞれの角度で揺れる弓たちが紡ぎだしていくワルツの調べ

2016.1.10「活字」
極太の角ゴシックで黒々と刻まれ続ける2011

2016.1.11「二十歳」
晴れ着着てはしゃぐ笑顔がいつまでも護られる国でありますように

2016.1.13「泡」
きらきらと泡のベールを引きながらペンギンたちは水中を舞う

2016.1.14「明」
通知表電子化されて先生は明朝体で我が子を評す

2016.1.19「低」
重低音じわっと沁みるあの声が今日もラジオで囁いている

2016.1.20「雪」
アイロンを滑らせてゆけまっさらな雪原ひろがるブロードのシャツ

2016.1.21「木」
一本の木だった頃の思い出を箸たちがそっと囁いている

2016.1.28「切」
貼り終えた切手の脇に舞い降りる二円切手の真白なうさぎ

2016.1.29「ルール」
他人との差異に気づかずマイルール振りかざしてた思春期の棘
(過去詠:題詠blog2015「異」で詠んだもの)

2016.1.30「線」
この町の空を縫い終え電線は山を伝って東へ急ぐ

2016.1.31「斜」
まっすぐでいたいのだけど撮り終えた写真がどれも傾いている
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。