折り句商店街

折り句を作ってみたくて、2016年8月28日のうたの日のお題「蝉」に「せみしぐれ」で折り句を試してみていたのですが、29日のお題は「商店街」でした。そこで、「しょうてんがい」を折り句で作って投稿してみました(下に挙げた二つ目の歌です)。折り句であることを気づいてもらえたかどうか、よくわかりませんでしたが…。
これをきっかけに、折り句で「商店街」を表現できないか…と考えてみました。自分で決めたルールは、句の一つ一つが「しょ」「う」「てん」「が」「い」で始まるようにすること、そして、商店街の歌として意味が通ることです。
歌の巧拙はともかく、折り句を作るのはとても楽しかったです。まだまだ作れそうな気がします。


折り句「商店街」

商店街?家(うち)から理容店をすぎ眼科の角を行けばすぐです

ショーウィンドウ映る夕日が店内の硝子細工の色をはじいて

商店街海の日セールの店舗にはガッツが売りのイケメンバイト

醤油、みそ、うずらのたまごと天ぷらとがんもも買っていつもの会話

ショール巻き噂話の店主たちガールズトークは今も健在

「商売はうちのおやじの天職だ!」がははと笑っているおやじさん

奨励賞受けたお菓子は天下一 ガトーショコラといちごのショート

「正面から打ち明けたのにてんでダメ…」頑張れと奢るいちご大福

書店では売れないままの店頭のガイドブックが色褪せている

小説と宇宙の本と天文の学習図鑑をいっぺんに買う

商店街裏の倉庫の転写機がガリ版の時代今に伝える

商売替え売り払われる店舗ではガレージセールがいま始まった

ショーウィンドウ映る夕日も店内の硝子細工もいつか見た町
スポンサーサイト

題詠100★2016 011~015

011:平
平坦な人生はなく道のりのあちらこちらで石につまずく

012:卑
卑弥呼らが見ていたはずの青さからかくも遠ざかる平成の空

013:伏
伏せられたカードをまた一枚開けて報道されている「新事実」

014:タワー
ふわふわのシフォンのバレッタワーキングウーマンじゃないわたしになる日

015:盲
酔わされて盲判押した亡き祖父の逸話がまた出るまた聞いている

「うたの日」投稿作品(2016年8月)

2016.8.1「雫」
かなしみをひろいあつめてそのふちにひかるしずくをしあわせとよぶ

2016.8.10「田舎」
列車は日に十本だけでその代わり海まで続く空が見えます

2016.8.11「自由詠」
やわらかく日が暮れはじめ木々たちは眠りに落ちる前の静けさ

2016.8.12「油」
給油口かりりと閉める これからの400kmも無事でありたい

2016.8.14「タオル」
水色のタオルケットがはためいて空へと帰りたがっています

2016.8.16「空」
さりさりと光りかがやき一日に別れを告げる西の雲たち

2016.8.21「ジャスコ」
一回も行ったことがないはずなのに歌えるジャスコのCMソング

2016.8.24「たられば」
「あのときに、こうしていれば」を組み上げてきらきら光る硝子のお城

2016.8.26「開」
人生は一冊の手帳 開かれてまた閉じてゆく日々のいとしさ

2016.8.27「トンネル」
何度でも生まれ直せる 息詰めて産道のようなトンネルをゆく

2016.8.28「蝉」
蝉たちの短い恋のシンフォニー群青の空に烈々と鳴る

2016.8.29「商店街」
ショーウィンドウ映る夕日が店内の硝子細工の色をはじいて

2016.8.30「パズル」
もう一つ、唐揚げ入りそうだけど…弁当づくりはパズルの如し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。