題詠100★2016 011~015

011:平
平坦な人生はなく道のりのあちらこちらで石につまずく

012:卑
卑弥呼らが見ていたはずの青さからかくも遠ざかる平成の空

013:伏
伏せられたカードをまた一枚開けて報道されている「新事実」

014:タワー
ふわふわのシフォンのバレッタワーキングウーマンじゃないわたしになる日

015:盲
酔わされて盲判押した亡き祖父の逸話がまた出るまた聞いている
スポンサーサイト

題詠100★2016 001~010

テーマ「学校図書館」

001:地
大地震(おおない)や竜巻の惨まざまざと伝え続けている『方丈記』

002:欠
背表紙の欠けた本たちこんなにも愛されている「かいけつゾロリ」

003:超
超快適マスクに守られ本日も埃まみれの書架と闘う

004:相当
相当な歳月だろう本棚にこの乱雑さが降り積もるまで

005:移
統廃合された校から移管した本にしずかに蔵書印押す

006:及
柔らかに波及していけ図書室から放たれる本のあかるいひかり

007:厳
冷厳な決意を持って捨てていく二十年前に愛された本

008:製
製本の安易さ憎しぽろぽろと次々外れるゾロリのページ

009:たまたま
今年度たまたまここにいる者として立てている整理計画

010:容
本棚の容量超えた本たちを選んで捨てる仕事さびしき

新たな百首に向けて

題詠blog2014で短歌を始め、次の2015にも参加させていただき、二年続けてとても楽しく有意義な時間を過ごしました。2016年は「題詠100★2016」として、ブログではなくFacebookでの開催となったため、残念なのですが、私には参加しにくくなってしまいました。
そこで、主催の五十嵐きよみ様にお願いして、題詠100★2016の題だけをお借りして、このブログで歌を発表させていただくことにしました。今年も百のお題に挑戦できるのを楽しみながら、マイペースで歌をつくってみたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。